日本語 English

お知らせ / NEWS

【環境編】海外で開催される主要な見本市・展示会2016/03/17

環境系展示会の特徴としては、ビジネス関係者のみ入場可の、BtoBの展示会が主で、フォーラムが併設される展示会が多いことです。また、他の業界では毎年開催の展示会が多いのに対し、全体の約1/3が隔年開催となっているのも特徴です。

主要な環境系展示会の来場者数は、一般入場可の場合で15万人程度、業界関係者のみの場合で5万人程度。



①IFAT

 

廃棄物処理や水処理関連のあらゆる最新技術が集まります。BtoBの展示会にもかかわらず、約170ヶ国から、業界関係者約135,000人を動員する業界No.1の見本市です。


 

IFAT

主催者:Messe Muenchen
開催都市:ドイツ/ミュンヘン
会場:隅数年:Messe Muenchen
(Messegelaende, 81823 Muenchen, Germany )
次回開催予定:2016年5月30日~6月3日
開催頻度:隔年

取扱品目:水抽出技術、上水・下水処理、配水・下水管、海岸保全、治水(洪水防止)、廃棄物処理、リサイクル、廃棄物発電、道路清掃、冬期道路サービス、 工場跡地汚染除去、土壌処理、排ガス洗浄、空気抽出技術、防音、測定・制御・ラボ技術、サービス、学術研究・リサーチなど


出展企業数:3,081社
来場者数:881,100人
参加国数:59カ国
総出展面積:230,000㎡
出展費用(shell booth):データなし
フェイスブックのファン数:約10,000人

 

 

 

 

②IE expo

 

アジア最大の環境系展示会です。前回は日本からも約30社が出展しました。

 


 

IEExpo

主催者: MMI-ZM Trade Fairs (Shanghai) Co., Ltd
開催都市:中国/上海
会場:Shanghai New International Expo Centre
(2345 Longyang Road, Pudong New Area Shanghai P.R.C. 201204,China)

次回開催予定:2016年5月5日~7日
開催頻度:年1回

取扱品目:水/下水処理、廃棄物処理/リサイクル、ガス生成/再処理、空気汚染制御装置、リサイクル機器/技術、騒音/振動制御、天然エネルギー資源、その他。

出展企業数:1,085社
来場者数:40,151 人
参加国数:27カ国
総出展面積:5,370 ㎡
出展費用(shell booth):¥52,000円/㎡
フェイスブックのファン数:公式ページなし

 

 

 

③Indo Water Expo & Forum

 

東南アジアの主要な環境系展示会の一つです。規模の割に日本からの出展が多く、約30社が出展しています。


 


 

indowater

主催者:PT. Napindo Media Ashatama
開催都市:インドネシア/スラバヤ ※奇数年はジャカルタで開催
会場:Grand City Convex
(Vivere – Grand City Mal & Convex, Surabaya City, East Java, indonesia)

次回開催予定:2016年7月20日~22日
開催頻度:年1回

取扱品目:水処理、廃水処理、リサイクル設備、給水設備、海水淡水化、蒸留設備、濾過装置、工場廃水処理、汚染処理、汚水、スラッジ処理、雨水採集、ボイラー、クーリングタワー、パイプ、バルブ、ポンプ、配管、排水処理、高分子分離膜(RO、NF、UF、MF)、セラミック膜、MBR、各種ろ材、吸着剤、各種ポンプ、超純水製造装置、純水製造装置、海水淡水化装置、ろ過装置、マイクロ/ナノバブル発生装置、浄水処理プラント、海水淡水化プラント、汚水・廃水処理プラント、汚泥処理プラント。

出展企業数:458社
来場者数:9,726 人
参加国数:32カ国
総出展面積:38,293㎡
出展費用(shell booth):31,500円/㎡
フェイスブックのファン数:約4,700人

 


 

 

 

④Singapore International Water Week – Water Expo

 

ソーシャルメディアのファン数が約35,000人と突出。(2位は12,500人程度) 2014年度は日本からも27社が出展しまいた。日本以外でも中国・韓国・ドイツ・カナダなど、10カ国以上がパビリオンを構える国際色豊かな展示会です。

 

 

 

singaporwaterweek

主催者:Experia Events Pte Ltd
開催都市:シンガポール
会場:Sands Expo and Convention Center
(1 Bayfront Ave, singapore, 018971)

次回開催予定:2016年7月10日~14日
開催頻度:2年に1回

取扱品目:クリーン輸送、気候変動/洪水コントロール、コンサルティング、エンジニアリングサービス、ダム&水力発電、海水淡水化、廃棄·リサイクル、エコプロダクツ、環境管理/保護、機器/制御/システム/計測機器、インフラ、工場開発&メンテナンス、衛生、廃棄物制御&管理、水配布、その他。

出展企業数:800社
来場者数:20,000 人
参加国数:50カ国
総出展面積:23,000 ㎡
出展費用(shell booth):約48,000円/㎡
フェイスブックのファン数:約34,248 人

 


 


 


 

 

 

⑤Eco-Products

 

日本最大の環境系展示会。来場者数が環境系の展示会の中でTOPです。
他の環境系展示会はセミナー色が強いですが、エコプロダクツでは一般入場可なことに加え、イベントを多数開催することで家族連れの来場も多く非常に特色のある展示会です。

 


 

ecoproducts

主催者:Japan Environmental Management Association for Industry (JEMAI),Nikkei Inc.
開催都市:日本/東京
会場:Tokyo Big Sight
(3-21-1 Ariake,Koto-ku,Tokyo,135-0063,Japan)

次回開催予定:2016年12月8日~10日
開催頻度:年1回

取扱品目:自動車、電気自動車、特殊仕様車、自動車用機器、OEM、デザイン・エンジニアリング、アクセサリー、車体、部品・機械器具関連製品、自動車関連サービスを含む総合ショー

出展企業数:702社
来場者数:169,118 人
参加国数:データなし
総出展面積:14,283㎡
出展費用(shell booth):約33,500円/㎡
フェイスブックのファン数:約2,798 人

 

↑ページの先頭へ