日本語 English

お知らせ / NEWS

ミラノ万博デザインアワード by Exhibitor magazine2016/01/06

展示会業界での2015年の一大イベントはなんといってもミラノ万博でしょう。

日本館も展示デザイン部門で金賞等、多数の賞を獲得した昨年のミラノ万博ですが、今回は振り返って日本以外のパビリオンにもスポットを当ててみたいと思います。
 

ここでは、30年近く世界中の展示会のデザインコンテストを行っているEXHIBITOR Magazine誌のアワードを取り上げてみたいと思います。
 

ミラノ万博のテーマ”地球に食料を、生命にエネルギーを”を反映して、たくさんのパビリオンが飢餓や食料問題に焦点を当てていました。他には農学や生物の多様性、自国のユニークな食文化に焦点を当てたパビリオンもありました。
 

それでは同誌の10万人以上の読者から選ばれた受賞作品を見てみましょう!
 

 

【ベストパビリオン賞】ドイツ

 

Expo_BestPavillion

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

【ベストエクステリアデザイン賞】アラブ首長国連邦

 

Expo_Exterior

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ベストプレゼンテーション賞】日本

 

Expo_Presentation

 

 

 

 

 

 

 


 


 

 

 

 

【優秀展示賞】イギリス

 

Expo_BestExhibit

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 




【ベストスモールパビリオン賞】アゼルバイジャン

 

small

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【万博テーマ賞】スイス

 

Expo-Theme-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ベストアクティビティー賞】ドイツ

 

Expo_Activity-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ベストテクノロジー賞】イタリア生協

 

Expo-Tech

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

【読者投票賞】カタール

 

Expo_PeoplesChioce-2


 


 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

【装飾部門賞】アメリカ

 

Expo_Elements

 


 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【EXHIBITOR編集部賞】カザフスタン

 

Expo_EditorsChoice-2

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 


 

次回の万博は2017年にアスタナ(カザフスタン)、2020年にドバイ(アラブ首長国連邦)での開催が決定しています。日本政府は「未来のエネルギー」をテーマに開催されるアスタナ博に向けて日本館の出展準備を始めています。 今から楽しみですね!



引用元:EXHIBITOR ONLINE

 

↑ページの先頭へ