日本語 English

お知らせ / NEWS

【食品産業(ヨーロッパ)編】
海外で開催される主要な見本市・展示会2016/02/11

①SIAL(パリ国際食品見本市)


グルメの本場フランス・パリで2年に1度開催される「食」の祭典。ケルンで開催の「ANUGA」と交互に行われる。来場者数、展示の充実度、規模からして世界最大級の食品見本市といえます。

各国の新商品はまずここに出品されるため、食品のトレンドを知るためにも重要な見本市となっています。

 

SIAL

主催者:COMEXPOSIUM
開催都市:フランス/パリ
会場:Paris Nord Villepinte
(ZAC Paris Nord 2 93420 Villepinte, France)

次回開催予定:2016年10月16日~2016年10月20日
開催頻度:2年に1回

取扱品目:
National Pavilions:飲料,乳酪製品,鶏卵,加工・保存食品,食品添加物,調理ずみ食品

French Provinces/Provinces of the World:
菓子,パン,野菜・果実,乾物類,ダイエット食品,生鮮肉・鶏肉・鳥獣肉,冷凍食品,生鮮魚類など。

出展企業数:6,500社
来場者数:155,766人
参加国数:104カ国
総出展面積:250,000㎡
出展費用(shell booth):約22,000円/㎡
フェイスブックのファン数:約14,181人

 

この展示会への出展・視察旅行を検討する

 


②ANUGA

 

1919年に創設された、歴史ある世界最大級の食品見本市。

ケルンメッセ会場の全ホール(284,000㎡)を使い展示が行われる。パリで開催の「SIAL」と交互に行われる。こちらも来場者数、展示の充実度、規模からして世界最大級の食品見本市といえます。

 

ANUGA

主催者:KoelnMesse GmbH
開催都市:ドイツ/ケルン
会場:Koelnmesse
(Messeplatz 1, 50679 Koeln, Germany)

次回開催予定:2017年10月7日~2017年10月11日
開催頻度:2年に1回

取扱品目:食品加工処理機械・機器,缶詰・瓶詰・包装機械,包装資材,殺菌装置,搬送システム,冷凍・冷蔵・空調技術,食品成分・添加物,食品加工技術,廃棄物処理,商品分析・管理,衛生管理,コンピュータソフト・経営管理。


出展企業数:6,777社
来場者数:154,462人
参加国数:98カ国
総出展面積:284,000㎡
出展費用(shell booth):未定
(KoelnMesseのHPにて発表予定)
フェイスブックのファン数:公式ページなし

 

 

この展示会への出展・視察旅行を検討する

 

 

③IFE(International Food & Drink Event)

 

2年に一度開催される、英国で最大の、世界でもトップファイブに入るB to B食品・飲料展。

参加者はビジネス関係のみに限られるため、規模こそ小さく見えますが、重要な展示会のひとつです。

来場者は、主として小売、卸、レストラン業界のバイヤー等で、商品のPRだけでなく、その場で契約交渉までが行われることが特徴。

 

IFE

主催者:Fresh MONTGOMERY
開催都市:イギリス/ロンドン
会場:ExCeL Exhibition Centre
(ExCeL London,1 Western Gateway,Royal Victoria Dock,London Docklands,E16 1XL )

次回開催予定:2017年3月19日~2017年3月22日
開催頻度:2年に1回

取扱品目:食料・飲料/食料・飲料用パッケージング。

出展企業数:1,350社
来場者数:29,000人
参加国数:57カ国
総出展面積:23,500㎡
出展費用(shell booth):非公開
フェイスブックのファン数:公式ページなし

 

 

この展示会への出展・視察旅行を検討する

 

↑ページの先頭へ